どうして白髪になるのか

どうして白髪になるのか

日本人の髪の毛がキレイな黒色であるのは、メラニン色素によるものです。そしてそのメラニン色素を生み出すのは、毛根の中にあるメラノサイトと言う所です。ですからこのメラノサイトの部分の働きが悪くなると、メラニン色素が生まれなくなって、髪の毛が黒くならずに白くなってしまうんですね。そのメラノサイトの働きが悪くなるパターンが二つあります。中目黒 美容室ひとつはメラノサイトが消失してしまうタイプです。これはメラノサイトの機能が年齢やストレスなどを受けて働かなくなってしまって、まったく移動したり増えたりすることを辞めてしまう、つまりメラニンを作る場所がなくなってしまう、というタイプです。大抵の加齢による白髪はこのタイプです。また黒い髪が途中から白くなることも有りますよね。それはメラノサイトが働きを休んでいる状態だからです。メラノサイトの休止タイプといわれています。つまりメラノサイト製造工場が、閉鎖してしまった、または一時休業しているか、と言う違いですね。薄毛や抜け毛を同じように、やはりメラノサイトを活性化させる育毛剤などを使うのが効果がるようですね。ヘッドマッサージも効果があるようですから、美容室で相談して、マッサージを受けるのが良いと言われています。